弱酸性洗顔料は本当に良いのか?意外な落とし穴

数年前から話題の弱酸性洗顔石鹸ですが、はたして効果のほどはどのくらいなのでしょうか。
本当にお肌に良く優秀な洗顔料と言えるのでしょうか。
弱酸性にこだわる必要があるのでしょうか。

弱酸性は肌に優しい…けれど

お肌は弱酸性です。そのため洗顔料も弱酸性が肌に優しく良いと言われてきました。
しかし、ここに大きな落とし穴が。
弱酸性ということはpHが低いと言うことです。
pHが低いと言うことはそれだけ汚れを落とす力が弱くなります。
つまり弱酸性の洗顔石鹸ではきちんと汚れが落ちない可能性があります。

水は中性、そのため洗顔後の肌は中性に

洗顔で最も多く使うのは水ではないでしょうか。
実はこの水、中性です。
ですから洗顔料に弱酸性を使っても結果として洗顔後の肌は中性になります。
中性になってしまうのに弱酸性にこだわる必要があなたにどれほどありますか?

アルカリ性はどうなのか

弱酸性はお肌に優しいけれど汚れが落ちにくい。
ではアルカリ性はどうかと言うと、アルカリ性の方が汚れの落ちがいいです。
メカニズムは弱酸性の肌とアルカリ性の洗顔料が反応して中性反応が起こります。
中性反応が起こると肌の角質が浮き、汚れが取りやすくなると言う訳です。
これはアルカリ性の温泉に浸かると肌がすべすべになるのと同じ原理です。

敏感肌や肌にトラブルを抱えている方は洗顔料が自分に合っていない可能性があります。
洗顔料=弱酸性という先入観は捨てて、一度弱アルカリ性を試してみませんか?
肌トラブルの原因が汚れ残りだったのならば、洗顔料を弱アルカリにするだけで効果が表れてくるでしょう。

△PAGE TOP